So-net無料ブログ作成
検索選択

認知症の妻と夫・・・。老々介護の果ては介護疲れの心中なのか? [地域ネタ]


4月3日に起きた、悲しい事件。

香川県の無職の男性(67)の自宅民家で、
男性とその妻(71)が死亡しているのが、
隣に住む長男(45)が見つけたそうだ・・・。

この亡くなった妻は、10年近く前から認知症を発症しており、
夫である男性は長男に、

『 もう介護に疲れた・・・ 』

と話していたそうだ。

この時点で、長男はどうにかして、
男性の負担を減らしてあげようとしなかったのかな・・・?

ヘルパーを利用するとか、色々あると思うのだが・・・。

もちろん経済的な問題もあるだろうが、
少なからず行政にすがることで、色々な方法が見えてくる場合もある。

老老介護は特に介護する側の負担が大きい為、
こういった悲しい事件が起こりやすいんじゃないのかな?

風呂場の脱衣所で2人は亡くなられていたそうだが、
脱衣所にはトイレ洗剤と、洗濯用漂白剤が入れられた洗面器があり、
有毒ガスを発生させた痕跡があり、心中した可能性が高いようだ・・・。


10年も苦労して介護し続けてきたのに、
最後はそんな悲しい終わり方なんて、いたたまれないな・・・。

隣に住んでいた息子が、何か出来なかったのか? と、
どうしても思ってしまう。

私は母親を最後介護して看取ったので、余計に思う。


心が痛くなる事件だ・・・。




ニュース ブログランキングへ

スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。